2007年02月19日

マイナス思考がダブルフォルトの原因

貴方もモテモテ・ヒーローになれる!!

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

大事な場面になると平常心が失われてミスを犯してしまうプレーヤが少なくありません。大事な場面になると必ずダブルフォルトをしてしてしまいます。これには左脳の働きが起因している場合が多いです。

昔、プロ野球のセントラルリーグに、一点差でリードしていても8回あたりになると突然と変調がおき、ファーボールを連発したり、絶好球を投げてホームランを打たれてしまうピッチャーがいました。

「ファーボールを与えてはいけないと思えば思うほど、ストライクが入らなくなり、甘いボールを投げてはいけないと思えば思うほど、ど真ん中に投げてしまう」

大脳生理学から言えば、こういった現象は簡単に説明できます。人間には右脳と左脳があります。右脳が感覚を司っているのに対して、左脳は倫理的な能力を司ります。

ピッチャーがボールを投げる行為は感覚が司っています。リードしている8回になるとピッチャーには様々な意識が涌きます。

「あと2回抑えれば勝てる・・」
「ここで一発を浴びてはいけない・・」
などなど。

そういった意識が涌いて色々なことを左脳が考えはじめると、感覚的に勝れた投球を維持していた右脳の働きが狂いピンチを招きます。

基本的にテニスのサーブと野球のピッチングの動作に似ています。テニスのサーブ時に突然ダブルフォルトを連発し始めるのは、これと同じ現象が起っています。マイナス思考がダブルフォルトの原因です。

サーブの上達法│