2007年02月21日

イメージがテニスを上達させる

貴方もモテモテ・ヒーローになれる!!

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

テニスをプレーしていてボールをインパクトした瞬間のラケットの角度が1度変化しただけでも、ボールがバウンドする場所は2m近く違ってくると言われています。

私たちはテニスをするとき、サーブを打つ度に、ストロークを打つ度に、その1度を考慮してラケットを出すでしょうか?

そんなことはありません。そのような計算をしながらプレーはできません。だれでも「無意識」にコントロールされラケットを出しているはずです。

その無意識とはなんでしょうか?

そうです。これこそ頭の脳の中に無数に内蔵されていうイメージです。私たちは過去の試合や練習で体験を無数のイメージとしてデータを貯蔵しています。ボールの飛んでくる角度や早さから無数のイメージから最適なものを選択します。そして、その情報を瞬時に筋肉に伝えます。

もっと大雑把に言えば、私たちはテニスをプレーする時は無意識でプレーし、理論ではなくイメージでプレーをしています。

したがって脳に理想のイメージを鮮明に覚えこませればテニスは飛躍的に上達することになります。そしてプレーのイメージの基礎であるフォームのイメージは、素振りやオートテニスを利用しながら作り上げていくことができます。

ここにオートテニス上達法のヒントがあります。

オートテニス場と練習方法│